data_003 バッテラ寿司

バッテラ寿司

バッテラ語源はポルトガル語の bateira(バテイラ=小舟・ボート)から[64]。1893年(明治26年)頃に大阪順慶町の寿司店がコノシロの片身を開き舟形にしたものを使った寿司を考案し、コノシロを開くと尾の方は細いので飯も片側を尖らせたその姿がボートに似ていたことからバッテラと呼ばれるようになった。その後コノシロの価格が急騰したため、価格が安定しているサバを使うようになり、現在のバッテラが完成された[65]。現在のバッテラは酢飯に酢締めにした鯖を乗せ、さらに白板昆布バッテラ昆布)を重ねた押し寿司。酢による処理で保存性を高めつつ生臭みを押さえ、昆布が旨みと食感を加える。鯖の半身を使うため完成品は細長い形となり、切り分けて食べる。また、押し寿司の舟形の木枠用具がボートの形に似ていたのでこのように呼ばれるようになったとの説もある。

出典: Wikipedia 大阪寿司

私が出会ったモノリスト
タイトルとURLをコピーしました